既設MPLS網への導入を考慮したMPLSマルチキャスト機構の実装と評価

小柏 伸夫  宇多 仁  宇夫 陽次朗  篠田 陽一  

誌名
電子情報通信学会論文誌 D   Vol.J87-D1   No.5   pp.544-552
発行日: 2004/05/01
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0915-1915
論文種別: 特集論文 (インターネット技術と応用の最新動向論文特集)
専門分野: MPLS技術
キーワード: 
MPLS,  シグナリング,  マルチキャスト,  RSVP-TE,  

本文: PDF(540.3KB)>>
論文を購入




あらまし: 
現在,MPLSのマルチキャスト対応に関する議論が盛んに行われており,ユニキャストのLSPを用いてマルチキャストLSPを確立する手法としてMMTやBLAST-CASTが提案されている.それらの手法は,MPLSマルチキャスト技術導入のための移行技術として有用であるだけでなく,段階的な規模拡張が可能であるため,既設のMPLS網へMPLSマルチキャストを導入する際には導入のコストや運用のコストを抑制可能であり有用性は高い.しかしながら,それらの手法で用いる具体的なシグナリングプロトコルの検討や,それらの手法を用いた際に発生する問題の検討などは行われていない.そこで我々は,それらの手法に応用可能なシグナリングプロトコルを検討した上で,RSVP-TEを用いたMPLSマルチキャスト機構を考案した.更に,同機構を実装し評価を行った.本論文では,同機構の設計と実装について論じ,その評価について述べる.