MPLS研究開発プラットホームAYAMEの設計・実装と拡張

宇多 仁  小柏 伸夫  宇夫 陽次朗  篠田 陽一  

誌名
電子情報通信学会論文誌 D   Vol.J87-D1   No.5   pp.536-543
発行日: 2004/05/01
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0915-1915
論文種別: 特集論文 (インターネット技術と応用の最新動向論文特集)
専門分野: MPLS技術
キーワード: 
MPLS,  トラヒックエンジニアリング,  IPv6,  インターネット,  

本文: PDF(715.1KB)>>
論文を購入




あらまし: 
インターネットの普及に伴い,網機能への要求が多様化してきた.このような中,次世代インターネットの基幹技術の一つとしてMPLSが期待されてきた.筆者らは,MPLSを用いた研究開発を行う上での基盤ソフトウェアとなり得るMPLS研究開発プラットホームAYAMEの設計・実装を行ってきた.本論文では,AYAMEの基本設計と実装の概略を示し,AYAMEに関連して行ったMPLS関連研究及びAYAMEに対する拡張の設計と実装をまとめた.これらのAYAMEの拡張を通し,AYAMEの初期設計の妥当性に関する評価を行い,AYAMEが果たしたMPLS研究開発コミュニティに対する貢献をまとめる.更に,AYAMEの今後の開発の方向性を示す.