Javaソフトウェア部品検索システムSPARS-J

横森 励士  梅森 文彰  西 秀雄  山本 哲男  松下 誠  楠本 真二  井上 克郎  

誌名
電子情報通信学会論文誌 D   Vol.J87-D1   No.12   pp.1060-1068
発行日: 2004/12/01
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0915-1915
論文種別: 論文
専門分野: ソフトウェア工学
キーワード: 
ソフトウェア部品,  ソフトウェア検索,  ソフトウェア再利用,  Java,  実験的評価,  

本文: PDF(365.6KB)>>
論文を購入




あらまし: 
大規模で複雑な大量のソフトウェアが開発され,様々な場所において様々な目的で利用されている.これらのソフトウェア資産の中には新たな開発作業において活用することができるアイデアや,少しの修正を加えるだけで開発に用いることが可能なソフトウェア部品が存在していると考えられる.現在は自然言語文書用に開発された全文検索システムを用いて開発者が望む情報や部品を適宜検索するという方法が主であるが,ソフトウェアは自然言語文書とは違い,依存や類似といった部品間の関係の利用なしでは有効な検索は難しい.本論文ではJavaソースコード集合を対象としたソフトウェア部品検索システムSPARS-Jの構築を行い,その有効性を評価した.SPARS-Jは,依存や類似といったソフトウェア部品特有の特性を考慮しながら,大規模なライブラリの構築を自動的に行う.キーワードとトークン種類を検索キーとした全文検索を行い,部品及び関連する詳細情報を併せて提供する.有効性評価では,既存の全文検索システムとの比較や,企業における実際のソフトウェア開発現場への適用によりシステムの有効性を確認した.