NRDガイドベンドの新しい設計法

沢田 浩和  米山 務  黒木 太司  

誌名
電子情報通信学会論文誌 C   Vol.J87-C   No.6   pp.514-519
公開日: 2004/06/01
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 1345-2827
論文種別: 論文
専門分野: マイクロ波,ミリ波
キーワード: 
ミリ波,  NRDガイド,  ベンド,  位相定数,  

本文: PDF(399.8KB)>>
論文を購入




あらまし: 
NRDガイド回路技術では90度ベンドや180度ベンドがよく使われる.しかし不要な寄生モードが発生するため,最適なベンドの曲率半径はある離散的な値しかとり得ず,NRDガイド回路設計上のボトルネックとなっていた.この問題を解決するため,NRDガイドベンドの理論を再考した結果,不要なLSEモードと動作モードであるLSMモードの位相定数差(Δβ)を可変にすると,ベンドの曲率半径は任意に設計できることが分かった.本論文ではΔβを可変にする一つの手法として,ベンドに金属ロッドあるいはリングを接近させることを検討し,その結果を利用して新しいNRDガイドベンドを実現している.また,誘電体と金属を密着させた場合に,わずかな空隙により伝送特性が劣化することから,空隙に乾燥硬化性液状誘電体(例えばエナメル)を充てんし,特性を改善する方法を提案している.