高速無線LAN用2周波共用広帯域平面アンテナの設計

玉熊 一雄
岩崎 久雄

誌名
電子情報通信学会論文誌 B   Vol.J87-B    No.9    pp.1309-1316
発行日: 2004/09/01
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 1344-4697
論文種別: 特集論文 (ワイヤレスパーソナル通信におけるアンテナ・伝搬の最新技術論文特集)
専門分野: アンテナ設計技術
キーワード: 
無線LAN,  平面アンテナ,  2周波,  広帯域,  

本文: PDF(1.8MB)>>
論文を購入



あらまし: 
近年,ノートパソコン等の携帯情報端末の通信システムとして高速無線LANが主に利用されている.現在,無線LANに使用されている周波数帯は,2.4 GHz帯と5 GHz帯の二つの周波帯である.また,ノートパソコン等に無線LANが標準搭載される動向にあり,携帯情報端末に内蔵するための小型・薄型アンテナが盛んに研究されている.本論文では,携帯情報端末に無線LANを内蔵して利用することを目的とした,2.4 GHz帯と5 GHz帯で動作する2周波共用広帯域平面アンテナを提案している.三次元電磁界シミュレータAnsoft - HFSSを用いて,提案する平面アンテナの動作メカニズムを明らかにするとともに,インピーダンス特性,各周波数帯における指向性のシミュレーションを行った.測定結果とほぼ一致することを確認した.このアンテナを用いて,日本国内のみならず欧米でも無線LANを利用することができるアンテナの設計を行い,本提案アンテナが有効であることを示した.