パラサイト負荷切換方式アダプティブアンテナ開口の基礎的検討

中根 義明  桑原 義彦  

誌名
電子情報通信学会論文誌 B   Vol.J87-B    No.9    pp.1259-1265
発行日: 2004/09/01
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 1344-4697
論文種別: 特集論文 (ワイヤレスパーソナル通信におけるアンテナ・伝搬の最新技術論文特集)
専門分野: アダプティブ・スマートアンテナ技術
キーワード: 
アダプティブアンテナ,  円形アレー,  パラサイト負荷切換,  SINR,  

本文: PDF(2.1MB)>>
論文を購入



あらまし: 
放射素子を中心とする同心円上に複数のパラサイト素子を配し,パラサイト素子出力を開放,短絡,固定負荷のいずれかに接続することによって適応指向性制御を行うアダプティブアンテナの円形アレー数,円形アレー上のパラサイト素子数,円形アレー半径,固定負荷値について検討した.水平面内の適応ビーム形成範囲で3波の到来角の組合せを網羅して設定し,負荷設定の組合せすべてを探索して達成できるSINRの累積確率分布を求めることによって設計パラメータを検討した.パラサイト素子数10の半径0.5 λ の1円形アレーで開口を構成することにより,干渉が2波までの環境で10 dB以上のSINRが期待できる.