CDMA/FDD下りリンクにおける閉ループ型ビーム選択方式

紀平 一成  原 嘉孝  平田 和史  宮下 裕章  牧野 滋  

誌名
電子情報通信学会論文誌 B   Vol.J87-B   No.9   pp.1185-1193
発行日: 2004/09/01
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 1344-4697
論文種別: 特集論文 (ワイヤレスパーソナル通信におけるアンテナ・伝搬の最新技術論文特集)
専門分野: アダプティブ・スマートアンテナ技術
キーワード: 
W-CDMA,  FDD,  ビーム選択,  閉ループ型,  SINR測定,  

本文: PDF(1.2MB)>>
論文を購入




あらまし: 
本論文はW-CDMAシステムのFDDモードでの下りリンクにおける閉ループ型ビーム選択方式を提案している.基地局においては,セクタ内を一様にカバーする複数のビームを形成し,各ビームから互いに直交するパイロット信号を送信する.端末局においては,各ビームからの到来信号のSINRを測定し,最も高い値のビームを選択する.そのビーム番号を上りリンクにて基地局にフィードバックし,次スロットでのデータシンボルを選択されたビームを利用して送信する.提案方式は簡易な処理でありながら,伝搬環境の変動に追従しつつ受信品質を改善できる.計算機シミュレーションの結果,各遅延パス間の角度の広がりが大きい環境で上りリンクの受信信号を利用したビーム形成法に対する優位性が示された.