FDTD解析を用いた人工衛星周辺の電磁ノイズ分布調査とその制御

岡田 敏美  前田 英樹  三宅 壮聡  石坂 圭吾  早川 基  鶴田 浩一郎  

誌名
電子情報通信学会論文誌 B   Vol.J87-B   No.8   pp.1119-1123
発行日: 2004/08/01
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 1344-4697
論文種別: レター
専門分野: 
キーワード: 
太陽センサ,  フード,  FDTDシミュレーション,  

本文: PDF(551KB)>>
論文を購入




あらまし: 
磁気圏内を飛翔する科学探査衛星には各種のセンサが搭載されており,衛星の内部及び外部の電磁ノイズを低く抑える必要がある.センサの一例として太陽センサがあるが,これは宇宙空間に開口部をもつため,一方では電磁ノイズの発生源と考えられる.本研究では太陽センサからの衛星周辺に放射される電磁ノイズ分布をFDTDシミュレーションを用いて求めた.その結果から導電性フードによるシールド効果を評価し,シールド効果の大きい太陽センサ用のフードの形状を推定した.