マルチビームレーダにおける目標検出方式とビーム配列方法に関する考察

松田 庄司  橋口 浩之  深尾 昌一郎  

誌名
電子情報通信学会論文誌 B   Vol.J87-B   No.8   pp.1094-1105
発行日: 2004/08/01
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 1344-4697
論文種別: 論文
専門分野: 計測・探査
キーワード: 
フェーズドアレーレーダ,  ディジタルビーム形成,  目標検出,  ビーム間相関,  ビーム配列,  

本文: PDF(817.7KB)>>
論文を購入




あらまし: 
DBF (Digital Beam Forming)によるマルチビームレーダは,探知しようとする領域の環境に応じて柔軟なビーム走査方法を選択でき,また長い目標照射時間により安定した探知性能を実現できるため,近年実用化が進みつつある.本論文では,マルチビームレーダを捜索レーダに応用する場合に有効な,ビーム間の多重スレッショルド(Threshold)やRMS (Root Mean Square)演算による目標検出方式を提案するとともに,これらの方式を用いて所要の目標検出率を達成するために必要な S/N を数値計算により求め,これが小さくなるようなビーム配列方法を明らかにする.