信号損が最小となるサイドローブフリーパルス圧縮処理の導出

篠永 充良  矢島 信一  西本 眞吉  

誌名
電子情報通信学会論文誌 B   Vol.J87-B   No.7   pp.1000-1008
発行日: 2004/07/01
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 1344-4697
論文種別: 論文
専門分野: 計測・探査
キーワード: 
パルス圧縮,  レンジサイドローブ,  最適フィルタ,  S/Nロス,  窓関数,  

本文: PDF(305.2KB)>>
論文を購入




あらまし: 
チャープ信号のパルス圧縮処理は最適フィルタ受信処理とみなすことができるが,レンジサイドローブの発生が不可避である.このレンジサイドローブを抑圧するために窓関数を用いると信号損により S/N ロスが発生することも知られている.また,サイドローブフリーなど希望する特性を実現する窓関数を収束演算などにより求めることは可能ではあるものの,同時に S/N ロス最小化という面を考慮していなかったために S/N ロスが最小化されているのかは不明であった.本論文においては,従来実現されていなかった S/N ロスが最小でかつサイドローブフリーの両者の条件を満足する窓関数及びパルス圧縮フィルタの算出方法を示す.この導出されたパルス圧縮フィルタは,従来の窓関数による方法に比較して S/N ロスが少なく,レンジ分解能も高いことをシミュレーションにより確認した.