プローブセンサアレーを用いたUHF帯積雪誘電率プロファイル測定

中田 和一  戸川 斉  横山 尚志  

誌名
電子情報通信学会論文誌 B   Vol.J87-B   No.6   pp.865-873
発行日: 2004/06/01
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 1344-4697
論文種別: 論文
専門分野: アンテナ,伝搬
キーワード: 
積雪複素誘電率プロファイル,  Snowプローブセンサアレー,  モーメント法,  

本文: PDF(1MB)>>
論文を購入




あらまし: 
本論文では,UHF帯における積雪層の複素誘電率プロファイルの長期計測を目的として,雪中に設置して使用するSnowプローブセンサアレーを構成する3線平行線路型の共振器センサについて,モーメント法解析に基づく複素誘電率推定近似式の導出法と実験による検証結果について述べている.また,フィールド実験として青森空港で行った約2週間にわたる積雪誘電率プロファイルの計測結果について述べており,特に融雪に伴って,乾雪から湿雪へと積雪状態が変化する様子がとらえられ,積雪誘電率プロファイルの長期計測におけるプローブセンサの有用性が確認された.