Kaバンド気象レーダを用いた霧の検出

酒巻 洋  若山 俊夫  岡村 敦  田中 久理  橋口 浩之  深尾 昌一郎  

誌名
電子情報通信学会論文誌 B   Vol.J87-B   No.5   pp.695-705
発行日: 2004/05/01
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 1344-4697
論文種別: 論文
専門分野: 計測・探査
キーワード: 
気象レーダ,  ,  検出,  Kaバンド,  視程,  

本文: PDF(1.4MB)>>
論文を購入




あらまし: 
霧の発生による視程の悪化は様々な交通障害の原因となることから,霧の動態把握及び発生・消滅・移動予測技術の確立が望まれている.筆者らは,粒径の小さな雲や霧を探知することができるKaバンド気象ドップラーレーダを開発し,霧の特性究明を目的として,各地で霧観測試験を行っている.本論文では,まず,レーダ観測から得られる特徴量と霧発生の関係を論じ,レーダデータから算出した特徴量であるエコー強度・エコー頂高度・エコー面積についての判定条件による,悪視程状況の検出アルゴリズムを提案する.実測データに対し,本提案法による悪視程状況検出処理を行った結果,その有効性が示唆された.