部分廃棄を適用した光バースト交換網において複合バースト信号を用いた優先制御方式

荒川 豊  佐久田 誠  笹瀬 巌  

誌名
電子情報通信学会論文誌 B   Vol.J87-B    No.5    pp.660-672
発行日: 2004/05/01
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 1344-4697
論文種別: 論文
専門分野: ネットワーク
キーワード: 
光バースト交換,  Quality of Service,  部分廃棄,  パケット遅延,  

本文: PDF(1.1MB)>>
論文を購入



あらまし: 
本論文では,出力競合によるパケット損を低減する手法として競合したバースト信号を部分的に廃棄するOBS-BD(Optical Burst Switched Network with Burst Dropping)ネットワークにおいて,バースト信号内のIPパケット列の並べ順に優先度をマッピングすることにより,高優先パケットのパケット遅延を増大させることなく実現可能な優先制御方式を提案する.提案方式では,エッジルータに到着したIPパケットをあて先ごとのバッファに蓄積し,バースト信号を生成する際にIPパケットの優先度に従い,バースト信号を構成するIPパケットを並べ換える.このとき,OBS-BDネットワークがコアルータにおいて部分廃棄を用いているためにバースト信号の前方が棄却されやすいという特徴を考慮し,バースト信号の前方から優先度の低い順にIPパケットを並べる.計算機シミュレーションによりパケット棄却率特性及びパケット遅延特性を評価し,提案方式が高優先パケットの遅延を増大させることなく,パケット棄却率に関して優先制御可能であることから,提案方式の有効性を示す.