地上補強型衛星航法システムの飛行実験による性能評価

齊藤 真二  福島 荘之介  吉原 貴之  藤井 直樹  

誌名
電子情報通信学会論文誌 B   Vol.J87-B   No.4   pp.555-562
発行日: 2004/04/01
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 1344-4697
論文種別: 論文
専門分野: 航行・誘導・制御方式
キーワード: 
GBAS,  補強システム,  測位精度,  有効性,  GPS,  

本文: PDF(1.5MB)>>
論文を購入




あらまし: 
航空機の航法,特に進入・着陸時にGPSなどの航法衛星システムを利用する際に用いられるGBAS(Ground Based Augmentation System; 地上型補強システム)を試作し,仙台空港周辺において飛行実験を実施した.アプローチ時におけるGBAS補強情報による航空機のDGPS(Differential GPS)測位の測位精度,有効性を飛行実験により評価した結果,本実験用GBASシステムの測位精度(95%値)は垂直方向で0.49~0.85 mとなり,有効性については10.0 mのVAL(Vertical Alert Limit)に対しては99.9%以上,5.3 mのVALに対しては96.0%となった.