マイクロ波組織内加温用アレーアプリケータにおける大容積腫瘍の均一加温に関する給電方法の検討

齊藤 一幸  吉村 博幸  伊藤 公一  

誌名
電子情報通信学会論文誌 B   Vol.J87-B   No.3   pp.410-420
発行日: 2004/03/01
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 1344-4697
論文種別: 論文
専門分野: アンテナ,伝搬
キーワード: 
マイクロ波組織内加温,  コヒーレント給電システム,  インコヒーレント給電システム,  SAR分布,  温度分布,  

本文: PDF(1.7MB)>>
論文を購入




あらまし: 
がんの温熱療法(ハイパサーミア)の一形態であるマイクロ波組織内加温法と放射線療法の一つである組織内照射療法を組み合わせることにより,がん細胞に対して致死効果の高い治療が可能であることが知られている.現在,組織内照射療法単独では多数の治療が行われており,その治療手技はほぼ確立されている.しかしながら,効果的なマイクロ波組織内加温を実現するためには,アレーアプリケータの構造及び給電方法等に関して検討が必要である.そこで本論文では,既存の治療装置(マイクロ波発生器)を活用した臨床応用を念頭におき,比較的大きな腫瘍の均一加温を目指して,マイクロ波組織内加温用アレーアプリケータの給電システムとして,コヒーレント給電システム及びコヒーレント給電システムとインコヒーレント給電システムを組み合わせた給電システム(提案システム)の二つの給電システムを取り上げ,提案システムを用いて腫瘍部分を確実に加温するためのアンテナ素子への入力電力の条件について検討を行った.