ダイポール素子上電流分布を考慮したアレーアンテナの等価ウェイトベクトルモデル

飯草 恭一  大平 孝  小宮山 牧兒  

誌名
電子情報通信学会論文誌 B   Vol.J87-B   No.12   pp.2038-2050
発行日: 2004/12/01
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 1344-4697
論文種別: 論文
専門分野: アンテナ,伝搬
キーワード: 
素子上電流分布,  ベクトル実効長,  エスパアンテナ,  可変リアクタ,  素子間相互結合,  

本文: PDF(1.1MB)>>
論文を購入




あらまし: 
本論文では,可変リアクタが装荷される無給電ダイポールの素子上電流分布は可変リアクタの値により大きく変化することを示す.ゆえに,無給電ダイポールから構成されるエスパアンテナの指向性を計算するとき,この素子上電流分布の変化を考慮する必要がある.そこで,各素子のベクトル実効長をポートにおける電流値に乗じた値を電流ウェイトとする方法を提案する.また,ダイポール長が約半波長以下の場合,ベクトル実効長はポート電流とポート電圧の比でほぼ決まることを示す.この関係により,素子上電流分布を求めなくても,無給電素子のベクトル実効長は自身に装荷される可変リアクタの値から計算できる.したがって,エスパアンテナの指向性の計算に,素子上電流分布を簡単に考慮することができる.また,素子間相互結合がある給電ダイポールアレーアンテナの指向性を,ポート電流とポート電圧をウェイトとすることにより,素子上電流分布を考慮して計算する方法を示す.