符号間干渉伝送路における既知系列を利用した周波数誤差検出に関する一検討

久保 博嗣  岡崎 彰浩  岩瀬 厚志  村上 圭司  

誌名
電子情報通信学会論文誌 B   Vol.J87-B   No.11   pp.1975-1978
発行日: 2004/11/01
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 1344-4697
論文種別: レター
専門分野: 
キーワード: 
変復調,  最ゆう系列推定,  適応等化,  周波数誤差推定,  

本文: PDF(612.9KB)>>
論文を購入




あらまし: 
本論文では,符号間干渉伝送路下で,既知系列を利用して周波数誤差を高精度に推定する手法を提案する.提案する周波数誤差推定法は,あらかじめ複数の周波数誤差の候補を準備し,これら候補の中で最もゆう度の高い候補を周波数誤差の検出値とする.まず,ゆう度関数として相関電力を用いた場合,伝送路インパルス応答の各パスの位相関係により,周波数誤差検出値にオフセットが生じることを示す.次に,ゆう度関数として最ゆう判定のパスメトリックを利用する手法を提案し,本手法により上記問題を解決できることを明らかにする.