ウェーブレット変調方式へのWH変換を用いた符号化法の適用に関する検討

宇野 智  佐々木 逸雄  山下 勝己  

誌名
電子情報通信学会論文誌 B   Vol.J87-B   No.11   pp.1970-1974
発行日: 2004/11/01
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 1344-4697
論文種別: レター
専門分野: 
キーワード: 
直交ウェーブレット変換,  ウェーブレット変調方式,  Walsh-Hadamard変換,  

本文: PDF(318KB)>>
論文を購入




あらまし: 
ウェーブレット変調方式(WPM)に対し,Walsh-Hadamard(WH)変換を用いた新たな符号化法を提案する.WPMはその特徴としてトーン状(特定周波数),パルス状(特定時間)の干渉を受ける環境下において,その影響を適切に切り分けられることが挙げられる.本論文では,MSM(Multi-Scale Modulation)において,パルス状被干渉領域に割り当てられたデータの回復を目的とした符号化法の構築・適用を検討する.提案する符号化法の特徴は,各サブバンドのBER特性を最適に一致させる点,また,受信信号系列が一部消失する環境下及びシングルキャリヤがフレーム内の特定周波数帯の局所時間に重畳する環境下においてその影響を効果的に軽減させ得る点にあり,計算機シミュレーションによりその特性を評価する.