FDDセルラーシステムにおける帰還型アダプティブアレーアンテナの特性

船間 隆之  太郎丸 真  赤岩 芳彦  

誌名
電子情報通信学会論文誌 B   Vol.J87-B   No.11   pp.1907-1917
発行日: 2004/11/01
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 1344-4697
論文種別: 論文
専門分野: 無線通信技術
キーワード: 
アダプティブアレー,  ダイバーシチ,  同一チャネル干渉,  フェージング,  ソフトハンドオーバ,  

本文: PDF(2.4MB)>>
論文を購入




あらまし: 
アダプティブアレーアンテナ(AAA)は干渉抑圧を行うとともにアンテナ素子間隔を広げることで大きい空間ダイバーシチ効果を得ることができる.TDDシステムにおいては,基地局にのみAAAを設置するだけで上り回線で求めた重み値を用いて上下回線ともに特性を向上できる.本論文はFDDシステムにおいて基地局のみにAAAを設置した帰還型AAAを検討し,その特性を明らかにした.計算機シミュレーションの結果,制御遅延時間に対してフェージング周期が緩やかであれば,FDDシステムにおいてもフェージングと同一チャネル干渉に同時に対処でき,1次外挿法を用いれば,高速フェージングに対しても特性が改善できることを示した.更に,この帰還型AAAをサイトダイバーシチへ適用することにより,誤り率特性を向上させることができた.