階層型マイクロモビリティプロトコルを用いたハンドオーバ時間の解析と高速化手法

國司 光宣  田中 康之  河野 通宗  石山 政浩  寺岡 文男  

誌名
電子情報通信学会論文誌 B   Vol.J87-B   No.10   pp.1597-1606
発行日: 2004/10/01
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 1344-4697
論文種別: 特集論文 (インターネットアーキテクチャ技術論文特集)
専門分野: モバイルインターネット
キーワード: 
インターネットアーキテクチャ,  プロトコル,  モビリティ,  ハンドオーバ,  IPv6,  

本文: PDF(887.4KB)>>
論文を購入




あらまし: 
本論文では,ハンドオーバ処理の高速化のために,まずハンドオーバ処理の解析を行う.そして,その結果を踏まえ,プロトコルの拡張を提案する.プロトコルの拡張では,タイマ値の調整,リンク層情報をネットワーク層に通知する機構・DAD処理の高速化を導入する.また,拡張したプロトコルを実装し,実験により発見されたオペレーティングシステム上の問題についても解決策を示す.更に本論文では,ハンドオーバ実験のためにネットワーク移動を希望する時間及びタイミングで行うためのツールを製作し,それを用いた実験環境でハンドオーバ時間の測定・評価を行った.測定の結果,ハンドオーバ時間が標準的なIPv6の仕様に基づいたものより劇的に短縮されることを示す.また,ハンドオーバ時間がアプリケーションに与える影響についても評価を行い,無線通信を有線通信でエミュレートしている環境ではあるが,本方式ではアプリケーションにほとんど影響を与えずにハンドオーバが可能であることを実証する.