ディジタル自然観測法により特性時間を検出する場合の位数 M の決定に関する検討

大久保 寛  竹内 伸直  

誌名
電子情報通信学会論文誌 A   Vol.J87-A   No.3   pp.409-412
発行日: 2004/03/01
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0913-5707
論文種別: レター
専門分野: 
キーワード: 
自然観測法,  基本観測フィルタ,  位数,  平滑化,  特性時間,  

本文: PDF(153.5KB)>>
論文を購入




あらまし: 
非定常信号に対する解析法として自然観測法理論が提案されている.本理論を適用する場合,位数 M,次数 m 及び重み係数 λ を適切に決定する必要がある.本論文ではディジタル自然観測法により特性時間の検出を行う際の M の決定方法が検討されている.