小規模空間における単一凸障害物周辺での経路選択行動の解析

渡邊 洋  井内 一憲  梅村 浩之  松岡 克典  

誌名
電子情報通信学会論文誌 A   Vol.J87-A   No.1   pp.20-30
発行日: 2004/01/01
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0913-5707
論文種別: 特集論文 (空間情報認知特性の基礎と応用論文特集)
専門分野: 空間認知と経路選択
キーワード: 
経路選択,  非接触計測,  行動予測,  環境要因,  

本文: PDF(694.3KB)>>
論文を購入




あらまし: 
作業現場や都市計画場面での危険行動や非合理的な行動の予測を可能にし,事故予防 に寄与する技術の一つとして,ヒトの経路選択行動を説明,予測することは重要である.本研究の目的はよく統制された実験室環境の中でのヒトの経路選択行動を収集し特徴化することである.実験では単一の凸障害物を均質な空間内に配置し,障害物の次元(大きさ,高さ,形状),歩行方向,歩行時間をコントロールした.始点終点間での歩行軌跡を測定し定量的に解析した結果,被験者の非合理的なパス選択特性が示され,それを記述するモデルが提案された.