ランレングス補正を用いた画質劣化にロバストな特徴抽出法

森 稔  澤木 美奈子  萩田 紀博  村瀬 洋  武川 直樹  

誌名
電子情報通信学会論文誌 D   Vol.J86-D2   No.7   pp.1049-1057
発行日: 2003/07/01
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0915-1923
論文種別: 論文
専門分野: 画像処理,画像パターン認識
キーワード: 
OCR,  特徴抽出,  ランレングス補正,  劣化推定,  方向寄与度,  

本文: PDF(232.1KB)>>
論文を購入




あらまし: 
文字認識では,幾何学的特徴抽出を基本とする変形にロバストな手法,及びテンプレートマッチングを基本とする画質劣化にロバストな手法が提案されている.しかし,両手法は個別に検討されており,画質劣化と変形の両方にロバストな手法は実現されていない.本論文では,変形にロバストな文字線のランレングスに基づく幾何学的特徴抽出において,画質劣化に対するロバスト性を向上させる手法を提案する.提案手法は,ランレングスを計測する際,画像の劣化状態の推定結果に基づいてランレングスを補正し,劣化のない状態で得られるランレングスの近似値を求めることを特長とする.人工的に劣化させた手書き文字を用いた認識実験により,提案手法が変形に対するロバスト性を保持しつつ,従来手法より画質劣化に対するロバスト性を向上可能であることを示す.