時間変動を有する消失点系列の逐次的検出法

皆川 明洋  田川 憲男  

誌名
電子情報通信学会論文誌 D   Vol.J86-D2   No.6   pp.856-868
発行日: 2003/06/01
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0915-1923
論文種別: 論文
専門分野: 画像処理,画像パターン認識
キーワード: 
消失点検出,  時系列画像,  Manhattan world,  混合モデル,  カルマンフィルタ,  

本文: PDF(1.3MB)>>
論文を購入




あらまし: 
時系列画像からの逐次的処理に基づく消失点検出手法を提案する.消失点検出に関する従来の多くの文献では,単一フレームからの手法が議論されている.筆者らは,時系列画像からのオフラインでの消失点系列の検出手法を提案したものの,計算量の問題,及びモデル選択の妥当性の問題が残っていた.特に計算量の問題は,多数の画像を扱う時系列画像処理において大きな問題となっていた.本論文では,直交性の高い構造物などからなる時系列画像に対して,消失点の逐次的算出法を提案し,計算量の削減を図る.提案法では,各画素の輝度こう配の大きさと方向とに関する確率密度関数を,互いに直交する3消失点に関して混合された分布とみなし,モデル化する.消失点座標の事後分布に関して,推定される各消失点座標の独立性を仮定することで各消失点座標の変動に対してカルマンフィルタを適用し,画像内,または画像近辺に存在する消失点の安定な検出を可能にする.本アルゴリズムの有効性をシミュレーション実験及び実画像実験により確認する.