VRオブジェクトの局部的な形状詳細度制御のためのマルチスケールパッチ生成法

若月 大輔  石井 郁夫  高橋 章  今井 博英  牧野 秀夫  

誌名
電子情報通信学会論文誌 D   Vol.J86-D2   No.5   pp.697-705
発行日: 2003/05/01
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0915-1923
論文種別: 論文
専門分野: コンピュータグラフィックス(CG)
キーワード: 
人工現実感,  マルチスケールモデリング,  表面パッチ,  octree,  Marching-Cubes,  

本文: PDF(1.1MB)>>
論文を購入




あらまし: 
膨大な細部構造データをもつ現実感の高いVRオブジェクトを描画する場合,観察距離の変化に対してオブジェクト形状表現を適切な詳細度に制御することによって大幅な描画処理効率の改善が期待できる.オブジェクト形状を立方体空間で分割しoctreeで階層化した形状モデルを用いて,観察距離や形状特徴などに応じた局部的な形状詳細度制御を行う場合,隣接する立方体空間の間で異なる詳細度が選択されるとパッチ間に不連続が生じることがある.そこで,本論文では単一アルゴリズムで不連続が生じないマルチスケールパッチを生成する方法を述べる.従来のMarching-Cubes法にCrack Stitchingを適用した方法と比較して,パッチ生成処理時間や形状適応性に優れており,テクスチャの階層化処理にも有利であることを示す.