マーカコードの発生を考慮したJPEG2000符号化画像の情報半開示法

貴家 仁志  今泉 祥子  渡邊 修  

誌名
電子情報通信学会論文誌 D   Vol.J86-D2   No.11   pp.1628-1636
発行日: 2003/11/01
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0915-1923
論文種別: 論文
専門分野: 画像処理,画像パターン認識
キーワード: 
情報半開示,  JPEG2000,  マーカコード,  EBCOT,  画像圧縮,  

本文: PDF(653.9KB)>>
論文を購入




あらまし: 
本論文では,特殊命令コードであるマーカコードを発生せず,かつ新しい制御パラメータを有するJPEG2000符号化画像のための情報半開示方式を提案する.制御パラメータの導入は,半開示の画質,演算量及び不正解除に対する強度に関する制御能力を向上させる.演算量に関する制御能力の向上は,サイズの異なる画像に対して,半開示処理に要する処理負担をほぼ一定にすることを可能とする.この特長は,動画像のリアルタイム処理において重要な役割を果たす.