自動調節機能を考慮した冠循環血流動態のモデル論的解析

鍵山 光庸  道西 博行  籠谷 裕人  岡本 卓爾  小笠原 康夫  梶谷 文彦  

誌名
電子情報通信学会論文誌 D   Vol.J86-D2   No.10   pp.1502-1510
発行日: 2003/10/01
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0915-1923
論文種別: 論文
専門分野: 医用工学
キーワード: 
冠循環,  細動脈,  血流,  自動調節,  シミュレーション,  

本文: PDF(923.7KB)>>
論文を購入




あらまし: 
本論文では,冠循環における自動調節機能をモデル化し,拍動時における冠循環血流動態の解析を行っている.自動調節機能は,冠動脈平均圧が変化した場合でも,細動脈の平均血流量が心筋内の酸素消費量で決まるほぼ一定の値となるように,血管トーヌスに対応する血管特性の一部を制御することにより実現している.ここではこの機能を既存の3層冠循環血流動態モデルに組み込んだ上で,冠動脈圧波形の形状が正常な場合と収縮期高血圧となる場合の細動脈血流動態をシミュレーションによって解析している.