マルチエージェントシステム分散協調問題における時間遅れと知識量の関係

石塚 悠一  岩沼 宏治  

誌名
電子情報通信学会論文誌 D   Vol.J86-D1   No.2   pp.117-120
発行日: 2003/02/01
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0915-1915
論文種別: レター
専門分野: 
キーワード: 
マルチエージェント,  分散協調,  均一配置,  時間遅れ,  知識量,  

本文: PDF(127.6KB)>>
論文を購入




あらまし: 
本論文では,マルチエージェントシステムの分散協調問題の例として均一配置問題を取り上げ,個々のエージェントがもつ知識の量,すなわち周囲の環境情報の量と,時間遅れの影響とについて実験的考察を行う.時間遅れは系の慣性が中程度の場合に大きな影響を及ぼし,相転移を引き起こすことを示す.またこの場合,個々のエージェントの知識の量は,先行研究の結果とは違って中庸が最善であることを示す.