(n, n-1, m) 畳込み符号を用いた連続するパケット損の回復

新井 雅之  山本 篤史  ヤマグチ アンナ  福本 聡  岩崎 一彦  

誌名
電子情報通信学会論文誌 D   Vol.J86-D1   No.1   pp.44-47
発行日: 2003/01/01
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0915-1915
論文種別: レター
専門分野: 
キーワード: 
畳込み符号,  パケット損,  パケット損回復,  バーストパケット損,  FEC,  

本文: PDF(146.8KB)>>
論文を購入




あらまし: 
(n, n-1, m) 畳込み符号を用いたパケット損回復方式をパケット損が連続して発生するモデルに適用し,発生したパケット損が回復されるための条件について考察する.また,損失したパケットが回復される確率について,シミュレーションによって評価する.