位相面の対称性を利用したROMによる位相検出方法とそれを用いた85 Mbit/s DQPSK変復調LSI

山岸 明洋  束原 恒夫  村口 正弘  

誌名
電子情報通信学会論文誌 C   Vol.J86-C   No.8   pp.845-852
公開日: 2003/08/01
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 1345-2827
論文種別: 特集論文 (システムLSIのための先進アーキテクチャ論文特集)
専門分野: 
キーワード: 
位相変調,  遅延検波,  変復調器,  CMOS,  低消費電力,  

本文: PDF(1013.6KB)>>
論文を購入




あらまし: 
無線通信システムに広く使用される位相変調方式のベースバント遅延検波回路の構成としてROMを使用した位相検出方法において,位相検出に使用するROMを位相面の対称性を用いて低容量化する技術を提案する.本技術を用いることにより必要となるROMの容量を1/5に削減することができる.本技術を用いてのMODEM-LSIを0.5 μmCMOSにより1チップ試作を行い85 Mbit/s以上の帯域と80 Mbit/s動作時で23 mAの低消費電力特性を確認した.また,本LSIを用いてDQPSK変復調部を構成し折り返し測定により,B.E.R=1e-5時の固定劣化2 dBを得た.