RF-CMOSの回路技術と将来展望

束原 恒夫  小舘 淳一  原田 充  宇賀神 守  山岸 明洋  

誌名
電子情報通信学会論文誌 C   Vol.J86-C   No.7   pp.674-686
公開日: 2003/07/01
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 1345-2827
論文種別: 招待論文
専門分野: 
キーワード: 
RF-CMOS回路,  ダイレクトコンバージョン構成,  low-IF構成,  近距離無線システム,  LCタンク回路,  

本文: PDF(1.2MB)>>
論文を購入




あらまし: 
本論文では,RF(Radio Frequency)用CMOS回路の現状と動向,並びに主として完全空乏形CMOS/SOI(Silicon-On-Insulator)デバイスを用いたGHz帯の低電圧・省電力RF回路技術について概説する.はじめにRF-CMOS回路の現状について,トランシーバアーキテクチャのレベルから解説する.次にRF回路で必須な受動素子へのシリコン基板の影響,インダクタの構成法と高抵抗基板の効果等を述べる.続いて,低電圧・省電力RF要素回路技術について,低雑音アンプ(LNA),ミクサを中心に設計手法と試作結果を示した後に,Bluetoothに代表される近距離無線システムに適する1 V動作のイメージ抑圧形受信機の試作例を述べる.最後に更なる高周波化への試みと今後の展望について触れる.