光偏向法による空中超音波音場の測定

岩本 光倫  崔 博坤  

誌名
電子情報通信学会論文誌 C   Vol.J86-C    No.12    pp.1318-1323
公開日: 2003/12/01
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 1345-2827
論文種別: 特集論文 (光-超音波エレクトロニクス論文特集)
専門分野: 音場計測
キーワード: 
空中超音波,  音場,  光偏向,  

本文: PDF(383.2KB)>>
論文を購入



あらまし: 
空気中を伝搬する超音波は屈折率のsin的な変化を誘起する.音波波面に平行に十分 細いレーザ光を入射すると,レーザビームは屈曲する.この光偏向現象を利用した音波計測法の特徴は,周波数特性が広帯域であること,音場を乱すことがないことである.共振周波数40 kHz, 及び200 kHzの振動子から放射される超音波を光偏向法で測定し,音場分布を可視化した.音場計算値と比較した結果,光学積分効果のため定量的には合わないが,定性的には音場を再現できることがわかった.