光ヘテロダイン検波法による10 GHzピコ秒高調波モード同期エルビウムファイバレーザの縦モード線幅の測定

崔 森悦  吉田 真人  中沢 正隆  

誌名
電子情報通信学会論文誌 C   Vol.J86-C   No.10   pp.1054-1062
公開日: 2003/10/01
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 1345-2827
論文種別: 論文
専門分野: レーザ・量子エレクトロニクス
キーワード: 
GHz帯モード同期ファイバレーザ,  発振線幅,  EDFA,  ヘテロダイン検波法,  

本文: PDF(547.8KB)>>
論文を購入




あらまし: 
繰返し10~40 GHzのモード同期ファイバレーザはサブピコ~数ピコ秒のトランスフォームリミットなパルス列を安定に発生できるため超高速光通信用光源として注目されている.また,これらのレーザの縦モード総数は数十本にも及ぶため縦モードを適当に組み合わせることによりDWDM光源あるいは光マイクロ波発生などへの応用も期待されている.しかしながら,今までにこのようなモード同期ファイバレーザの発振縦モードスペクトルの1本の線幅について詳細に測定した例はない.本論文ではヘテロダイン検波法を用いて10 GHz帯で発振する波長1.55 μm帯強制モード同期エルビウムファイバレーザの発振縦モード線幅を測定し,その線幅が500 Hz以下と非常に狭いことを初めて明らかにした.