最大比合成によるフェージング抑圧性能の解析法―共分散行列の固有値に等しい値を含む場合―

井上 隆  唐沢 好男  

誌名
電子情報通信学会論文誌 B   Vol.J86-B   No.9   pp.2000-2008
発行日: 2003/09/01
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 1344-4697
論文種別: 特集論文 (電磁界解析手法とアンテナ・伝搬における設計技術論文特集)
専門分野: 伝搬推定技術
キーワード: 
ダイバーシチ,  最大比合成,  レイリーフェージング,  固有値分解,  共分散行列,  

本文: PDF(716.2KB)>>
論文を購入




あらまし: 
レイリーフェージング環境下でのダイバーシチ合成(最大比合成)後のCNR変動は,各ブランチ信号から生成される共分散行列の固有値から求められることが知られているが,その算出式は,固有値の値が互いに異なる場合にのみ有効である.本論文では,値の等しい固有値が複数組存在する場合の最大比合成後のCNR変動の確率分布の算出法を導出する.同計算法による算出例を計算機シミュレーション結果と比較しその有効性を検証する.また,同計算手法で要求される計算精度について考察する.