M-ブランチ選択ダイバーシチ検討のための有相関多変量ガンマ分布関数とその評価

野本 真一  岸 洋司  難波 忍  

誌名
電子情報通信学会論文誌 B   Vol.J86-B   No.9   pp.1989-1999
発行日: 2003/09/01
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 1344-4697
論文種別: 特集論文 (電磁界解析手法とアンテナ・伝搬における設計技術論文特集)
専門分野: 伝搬推定技術
キーワード: 
ガンマ分布,  多変量確率分布,  選択ダイバーシチ,  電波伝搬,  

本文: PDF(1.5MB)>>
論文を購入




あらまし: 
電波伝搬や無線通信の分野において,フェージング環境(仲上 m 分布)下での受信電力や時間率の小さな領域での降雨減衰量(または降雨強度)がガンマ分布でよく近似できることが知られている.選択ダイバーシチ方式を検討する際には,複数の確率変数に対し,相関を考慮した結合確率関数を用いて,その効果を定量的に評価することが必要となる.本論文では,一般の相関をもつ多変量(M 次元)ガンマ分布関数について無限級数による厳密表現を導出した.更に,その数値的振舞いについて検討した上で,実用上極めて有効な近似表現を得た.その近似は,相関係数の平方根を要素とする行列の行列式によって,相関のない場合の確率分布を補正したものであり,取扱いが容易であるばかりでなく,物理的な解釈にも優れている.