複数固有ベクトルビームと送信電力制御を用いたSDMA指向性制御法

鷹取 泰司  長 敬三  堀 俊和  

誌名
電子情報通信学会論文誌 B   Vol.J86-B    No.9    pp.1941-1949
発行日: 2003/09/01
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 1344-4697
論文種別: 特集論文 (電磁界解析手法とアンテナ・伝搬における設計技術論文特集)
専門分野: アンテナ設計技術
キーワード: 
SDMA,  固有ベクトルビーム,  スマートアンテナ,  

本文: PDF(1MB)>>
論文を購入



あらまし: 
将来の広帯域無線アクセスシステムでは周波数の有効利用が必須の課題となっている.Space-Division-Multiple-Access(SDMA)は同一チャネルで複数のユーザが同時にアクセスできるため,周波数利用効率を改善する技術として注目されている.しかしながら初期状態では複数のユーザからの信号が同時に受信されてしまうため,初期SIR 特性が劣化し,SDMAが動作しなくなるという問題がある.この問題を解決する方法として,本論文ではMultiple Eigenvector beam-forming with Terminal power contROl(METRO)法を提案する.この方法では送信電力制御と同期確立が不要な初期ビーム形成法を用いるため,SDMAの動作が可能となる.提案方法の効果を計算機シミュレーションによって示すとともに,提案方法を実現するためのアルゴリズムの適用方法を示し,実現したハードウェアを用いた室内実験によって提案方法の有効性を示す.