携帯無線機用4分の1波長メアンダ素子給電半波長モノポールアンテナの設計

大舘 紀章  関根 秀一  庄木 裕樹  

誌名
電子情報通信学会論文誌 B   Vol.J86-B   No.9   pp.1777-1785
発行日: 2003/09/01
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 1344-4697
論文種別: 特集論文 (電磁界解析手法とアンテナ・伝搬における設計技術論文特集)
専門分野: アンテナ設計技術
キーワード: 
半波長モノポールアンテナ,  4分の1波長メアンダ素子,  携帯無線機,  モーメント法,  FDTD法,  

本文: PDF(481.6KB)>>
論文を購入




あらまし: 
携帯無線機用のアンテナとして,半波長モノポールアンテナを4分の1波長メアンダ素子で給電するアンテナを提案する.給電構成が簡易であり,また,インピーダンス整合の改善と利得の向上を同時に実現することが可能であるようなメアンダ素子を用いている.自由空間におけるアンテナ特性は,モーメント法による数値計算から明らかにしている.モーメント法で得られる電流分布から,メアンダ素子がインピーダンスと利得に与える効果を説明している.また,通話状態におけるアンテナ特性は,人体を,頭部,上半身,左腕,携帯無線機を保持する左手でモデル化し,FDTD法から明らかにしている.計算結果から,通話状態における水平面内の平均利得,周波数帯域幅,放射効率は,理想的なダイポールアンテナと同等な特性が得られることが示されている.なお,いくつかの測定を行い,計算結果の妥当性を示している.