モーメント法によるアンテナ設計

澤谷 邦男  

誌名
電子情報通信学会論文誌 B   Vol.J86-B   No.9   pp.1668-1677
発行日: 2003/09/01
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 1344-4697
論文種別: 招待論文 (電磁界解析手法とアンテナ・伝搬における設計技術論文特集)
専門分野: 
キーワード: 
モーメント法,  電磁界,  アンテナ,  数値解析法,  散乱,  

本文: PDF(1.2MB)>>
論文を購入




あらまし: 
アンテナの特性や散乱体からの散乱特性の数値解析法として広く用いられているモーメント法について述べている.まず,モーメント法の原理について解説し,次に線状導体及び板状導体に対するモーメント法の適用法について述べている.また,基底関数と試行関数を同じ関数とするガラーキン法が精度の点で優れていることを述べるとともに,セグメントへの分割の際には,電流の連続性を保証することが重要であることを指摘している.更に,散乱誘電体が存在する問題のモーメント法による解析法について述べ,最近の研究内容を紹介している.