ATMリング網におけるマルチキャストVP障害切替方法

岡田 光正  植松 芳彦  太田 宏  坪井 利憲  

誌名
電子情報通信学会論文誌 B   Vol.J86-B   No.8   pp.1607-1619
発行日: 2003/08/01
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 1344-4697
論文種別: 論文
専門分野: ネットワーク
キーワード: 
マルチキャストVP,  ATMリング,  VP切替,  予備帯域共有,  APS VPC,  

本文: PDF(460.6KB)>>
論文を購入




あらまし: 
筆者らは,これまでにATMリング網におけるユニキャストVPの障害復旧方法として,1:1 標準VP切替を適用可能で,予備帯域共有(Shared Protection)によりパス収容効率に優れるATMリング切替方法BPSR/PF(Bidirectional Path-Switched Ring /Path-Failure detection)を提案している.一方で,近年,ニュース,データ,映像等の多種多様なサービスコンテンツをpoint-to-multipoint に送信するマルチキャストサービスの需要が増加しており,ATMレイヤにおいてもマルチキャストVPによるサービス提供が考えられている.しかしながら,マルチキャストVPはpoint-to-multipoint でかつ片方向通信であるため,point-to-point で双方向通信の切替制御プロトコルを用いるBPSR/PFをそのまま適用することができない.このため,本論文では,BPSR/PFを拡張した新しいマルチキャストVP切替方法を提案するとともに,定量的比較評価により提案方法がパス収容効率及びパスの生き残り確率に優れることを示す.