TTL情報を用いたLEO衛星ネットワークにおけるTCPの誤再送回避手法

角田 裕  太田 耕平  加藤 寧  根元 義章  

誌名
電子情報通信学会論文誌 B   Vol.J86-B   No.8   pp.1570-1577
発行日: 2003/08/01
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 1344-4697
論文種別: 特集論文 (インターネットアーキテクチャ技術論文特集)
専門分野: 伝送/中継/トランスポート技術
キーワード: 
LEO衛星ネットワーク,  ハンドオーバ,  Rerouting,  TCP,  TTL,  

本文: PDF(621.4KB)>>
論文を購入




あらまし: 
近年,LEO (Low Earth Orbit) 衛星を衛星間リンクで接続したLEO衛星ネットワークが注目されている.LEO衛星ネットワーク上でTCP/IPを用いることによって,現在の地上ネットワークとのシームレスな接続が可能となれば,地球全体をカバーするグローバルなネットワーク環境のインターネットへの統合が期待できる.しかし,TCP/IPは本来地上のネットワークを想定して定められたプロトコルであり,LEO衛星ネットワーク上では,伝搬遅延の変化の原因となるハンドオーバとReroutingなどがTCPに悪影響を及ぼす.本論文では,IPヘッダのTTLフィールドの情報を利用して,LEO衛星ネットワークにおけるハンドオーバによるTCPの不要な再送を回避する手法を提案する.