ASIA:派生コンテンツの利用制約管理が可能な情報配信システム

寺西 裕一
豊城 かおり
奥田 剛
下條 真司
宮原 秀夫

誌名
電子情報通信学会論文誌 B   Vol.J86-B    No.8    pp.1463-1475
発行日: 2003/08/01
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 1344-4697
論文種別: 特集論文 (インターネットアーキテクチャ技術論文特集)
専門分野: コンテンツネットワーク
キーワード: 
コンテンツ保護,  利用制約記述言語,  メタ情報,  エージェント,  

本文: PDF(1014.6KB)>>
論文を購入



あらまし: 
本論文では,分散環境において,二次利用により編集等の操作が行われた派生コンテンツの利用制約管理が可能な,情報配信システムASIAの実現法を示す.派生コンテンツの利用制約管理を行うために,コンテンツに対して行える手続きの適用条件をルールとして規定し,コンテンツ提供時に動的に評価する方法を新たに提案する.また,提案モデルに基づき,利用制約をメタ情報として記述するための言語 'AMF',及び,提案モデルのソフトウェアエージェントによる実現法についても述べる.更に,提案手法の有効性を確認するためにJava上で試作したプロトタイプの実装,及び,プロトタイプ上で実現した自動検索サービスとその評価についても述べる.