ユーザ嗜好に適応したサービス生成のためのサービスモジュールのパッチワーク手法

大塚 卓哉  松尾 真人  須田 達也  

誌名
電子情報通信学会論文誌 B   Vol.J86-B   No.8   pp.1404-1416
発行日: 2003/08/01
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 1344-4697
論文種別: 特集論文 (インターネットアーキテクチャ技術論文特集)
専門分野: モバイル/ワイヤレスネットワーク
キーワード: 
適応型ネットワーク,  ユーザ嗜好への適応,  サービス創発,  サービス合成,  進化計算法,  

本文: PDF(883.6KB)>>
論文を購入




あらまし: 
Jack-in-the-Net(Ja-Net)は,サービスコンポーネントであるCyber-Entity(CE)が,他のCEへRelationshipを生成し,そのCEと協調してユーザにサービスを提供する,創発型ネットワークアーキテクチャである.Ja-Netでは,ユーザのアプリケーションへの評価をもとに,Relationshipの有効性を示す強度値が計算される.更に,Relationshipの強度値をもとにグループを生成する(グループ化)ことで,ユーザの嗜好に適したサービスを恒常的にユーザに提供するようになる.本論文では,シミュレーションによりグループ化の評価を行い,その課題を指摘する.そして,その課題を解決するためにグループパッチワーク手法を提案し,有効性を評価する.