フランジ付矩形導波管を用いた透過波法による複素比誘電率測定に関する検討

柴田 幸司  荻野 孝宏  橋本 修  

誌名
電子情報通信学会論文誌 B   Vol.J86-B   No.7   pp.1344-1347
発行日: 2003/07/01
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 1344-4697
論文種別: レター
専門分野: 
キーワード: 
複素比誘電率測定,  非破壊測定,  フランジ付矩形導波管,  FDTD法,  

本文: PDF(331.3KB)>>
論文を購入




あらまし: 
本論文では,二つのフランジ付矩形導波管の間に高損失誘電材料を配置し,FDTD法により数値解析的に透過係数 (21) を算出した.そして,同様の構成で行った 21 の測定結果と比較することにより複素比誘電率を推定する方法を示すとともに,そのときの誤差要因について検討を行った.