非線形増幅を伴う伝送系における多シンボル遅延検波の誤り率特性

半田 志郎  片瀬 泰幸  笹森 文仁  大下 眞二郎  

誌名
電子情報通信学会論文誌 B   Vol.J86-B   No.6   pp.910-918
発行日: 2003/06/01
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 1344-4697
論文種別: 論文
専門分野: 無線通信技術
キーワード: 
多シンボル遅延検波,  MAPSK,  非線形増幅,  RLS,  フェージング,  

本文: PDF(1.1MB)>>
論文を購入




あらまし: 
ディジタル無線通信において,効率の良い電力増幅を考えた場合,増幅器の非線形領域までも利用することになる.その場合,AM-AM,AM-PMひずみにより符号誤り率は劣化する.本論文では,多値振幅位相変調方式の伝送に非線形増幅器を用いた場合のスペクトルの拡大,符号間干渉,符号誤り率について考察している.非線形増幅及びフェージングの影響を取り除く目的で,RLS (Recursive Least Squares)アルゴリズムを適用した多シンボル遅延検波及び同期検波を比較検討している.白色ガウス雑音通信路及びレイリーフェージング通信路でのスターQAM方式の伝送に,これらの検波方式を適用した場合の伝送特性を検討し,多シンボル遅延検波のほうが,同期検波よりも良好な符号誤り率特性が得られることを確認した.