ユビキタス環境におけるサービス合成支援のためのインタフェース指向ネームサービス

南 正輝  森川 博之  青山 友紀  

誌名
電子情報通信学会論文誌 B   Vol.J86-B   No.5   pp.777-789
発行日: 2003/05/01
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 1344-4697
論文種別: 論文
専門分野: ネットワーク
キーワード: 
ユビキタスコンピューティング,  分散ネームサービス,  サービス合成,  

本文: PDF(843.7KB)>>
論文を購入




あらまし: 
本論文では,無数の物理デバイス,マルチメディアコンテンツ,ソフトウェアコンポーネントなどのオブジェクトが至るところに存在するユビキタスな環境を考える.このような環境下で様々なサービスの透過的な提供と利用を行う場合には,オブジェクトどうしを相互に接続することで一つのサービスを動的に構築するサービス合成の技術が必要となる.サービス合成を行うためには,サービスの構成要素となる機能(機能オブジェクト)をネットワーク上で確実かつ透過的に呼び出すことができる位置非依存型ネームサービスが必要となる.このような観点から,筆者らはオブジェクトがもつインタフェースの情報を利用して,機能オブジェクトの透過的な呼出しを行うことができるインタフェース指向ネームサービスを設計した.インタフェース指向ネームサービスは機能オブジェクトをネットワーク上で効率的に呼び出すことができるだけでなく,二つの機能オブジェクトを相互接続する場合に追加的に必要となる機能オブジェクトを自動検出したり,ある一つの機能を発見できなかった場合に,複数の機能オブジェクトによってその機能を等価化したりすることもでき,サービス合成を支援するために有用な特徴を備える.本論文では,インタフェース指向ネームサービスの構成とアルゴリズムについて述べ,それをシミュレーションにより評価する.シミュレーション結果より,インタフェース指向ネームサービスはオブジェクト数とネットワーク規模が大きくなるユビキタスな環境において有利なシステムであることを示す.