非同期CDMA線形パラレル干渉キャンセラの総合特性の解析―干渉除去利得と強調効果の定式化―

鈴木 利則  

誌名
電子情報通信学会論文誌 B   Vol.J86-B   No.4   pp.630-644
発行日: 2003/04/01
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 1344-4697
論文種別: 論文
専門分野: 無線通信技術
キーワード: 
CDMA,  干渉除去,  マルチステージ,  特性解析,  

本文: PDF(1.4MB)>>
論文を購入




あらまし: 
本論文では,非同期CDMAに適用可能な線形パラレルマルチステージ干渉キャンセラの総合特性を解析的に把握するため,干渉除去利得と強調効果を抑圧係数の関数として求めている.線形パラレル型のステージ構成として筆者らが提案している方法(タイプA)は,抑圧係数がすべてのステージで共通の場合に完全な相互相関除去に近づくが,総合特性を解析的に把握するのであれば一部のステージ構成を変更したほう(タイプB)が扱いやすいことを示し,その総合特性の定式化と具体的な計算を3ステージまで行っている.その結果,ステージごとに抑圧係数を設定する場合においてはタイプAとタイプBの特性は同等となることを定量的に示す.ここで得られた理論式から,与えられた干渉雑音電力と背景雑音電力に応じた最適な抑圧係数とそのときの特性を求めることが可能となる.更に,シミュレーション結果との比較を通して,解析結果の妥当性を示している.