磁心の飽和を用いたハーフブリッジコンバータのソフトスイッチングについて

姜 燦鎬  原田 耕介  坂本 浩  金 煕峻  

誌名
電子情報通信学会論文誌 B   Vol.J86-B    No.3    pp.552-559
発行日: 2003/03/01
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 1344-4697
論文種別: 論文
専門分野: 電子通信エネルギー
キーワード: 
ハーフブリッジインバータ,  ソフトスイッチング,  可飽和磁心,  磁心の模擬,  

本文: PDF(1.1MB)>>
論文を購入



あらまし: 
ハーフブリッジコンバータと可飽和磁心よりなる簡単な回路でソフトスイッチングが可能な新しい方式を提案する.本方式では,インバータの交流出力端子と並列に角形磁化特性の磁心をもつ飽和リアクトルを結合し,インバータのオン時間とリアクトルの不飽和期間を一致させる.2個のMOSFETスイッチには短いデッド時間を設け,この期間に磁心の飽和インダクタンスとスイッチの容量成分間の共振により,ソフトスイッチングを実現させる.更に,電源電圧の変動に対処するため,半導体と線形インダクタにより磁心の動作を模擬した新しい回路を提案する.本論文ではモデルによりソフトスイッチングの機構を解析し,実験によりその妥当性を確認した.