誘電体層装荷ラジアルラインスロットアンテナの特性解析

宮地 健介  広川 二郎  安藤 真  

誌名
電子情報通信学会論文誌 B   Vol.J86-B   No.3   pp.511-518
発行日: 2003/03/01
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 1344-4697
論文種別: 論文
専門分野: アンテナ,伝搬
キーワード: 
ラジアルラインスロットアンテナ,  誘電体層,  スペクトル領域法,  

本文: PDF(3MB)>>
論文を購入




あらまし: 
ラジアルラインスロットアンテナの外部上面に複数の誘電体層を装荷したときのスロット結合特性を解析し,開口分布を評価した.まず,一様開口分布の設計用として,外部領域の2方向に周期境界壁を用いたモデルにより相互結合を等振幅励振された無限配列二次元スロットペアアレーで近似的に表現した.これに基づき,スロット長と径方向ペア間隔を制御し一様開口分布となるアレーを設計した.次に,有限開口で任意の分布にも有効なモデルとして,スペクトル領域法を用いて一次元に有限なスロットアレーを解析した.また,レドームなど空隙を介して誘電体を装荷する場合を考えると,フレネルの反射係数が小さくなる厚さの誘電体を用いて,これを1/8波長程度以上離せば開口分布への影響は無視できることを示した.解析と設計の妥当性を38 GHzでの試作,測定により確認した.