近傍界アンテナ測定を用いたフェーズドアレーアンテナの素子位相評価方法に関する検討

三浦 周  田中 正人  

誌名
電子情報通信学会論文誌 B   Vol.J86-B   No.2   pp.284-286
発行日: 2003/02/01
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 1344-4697
論文種別: レター
専門分野: 
キーワード: 
近傍界,  アンテナ測定,  フェーズドアレーアンテナ,  位相,  素子電界ベクトル回転法,  

本文: PDF(200.8KB)>>
論文を購入




あらまし: 
本研究では,近傍界アンテナ測定を用いてフェーズドアレーアンテナの素子ごとの位相を評価する方法について実験的に検討した.実験は中心周波数10.5 GHzの16素子フェーズドアレーアンテナを供試アンテナとして平面走査近傍界測定を用いて行い,まず,素子電界ベクトル回転法との比較により素子位相の測定精度が十分であることを示した.次に,素子位相を同相にするために校正を繰り返し,2回の校正でほぼ同相になることを確認した.