恒星観測による大気揺動の2波長同時測定

豊田 雅宏  

誌名
電子情報通信学会論文誌 B   Vol.J86-B    No.2    pp.138-147
発行日: 2003/02/01
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 1344-4697
論文種別: 論文
専門分野: 光無線通信
キーワード: 
大気揺らぎ,  大気伝搬,  空間光通信,  4分割受光器,  人工衛星,  

本文: PDF(916.7KB)>>
論文を購入



あらまし: 
大気の屈折率揺らぎによる光波の強度変動と位相変動の波長依存性について述べる.大気揺らぎが均一な場合の伝搬と天空から地上への伝搬について光波の変動を理論的に検討した.強度変動と位相変動の波長相関係数を算出し,特に,波長差が10倍程度までは位相変動の波長相関係数は1であった.恒星観測を行い,0.52 μm及び0.85 μmを中心とする二つの波長帯の光波ついて,4分割受光器を用いて強度と入射角を測定した.波長相関係数は強度変動について0.91,入射角変動について0.92であった.